スタッフ2名が岡山まで研修に行ってきました。

研修テーマは「感覚統合療法入門講習会」

感覚統合理論の基礎となる人間のバランス機能や加速度に反応する前庭感覚、筋肉を使う時や間接の曲げ伸ばしを感じる固有受容覚など、事業所内にある書籍やDVDだけではまだまだ理解しきれない部分を2日間かけてじっくり学んできました。

感覚統合療法は個々を中心に考え個別性を大切にするのでメソッドがないというのがとても印象的で、研修の中でも「子どもを主語にして考える」「子どもの見方を変える」という言葉が何度も出てきました。

運動特化の放課後等デイサービス【ナチュラルキッズ】!

「楽しむこと」を第一に!運動に理論を乗せて、方法に根拠を持たせ、個別性を考えた支援を提供していきます。